​在宅医療とは

​医師、歯科医師、看護師、薬剤師、リハビリ専門職の医療関係者が、往診および定期的に通院困難な患者の自宅や、老人施設などを訪問して、提供する医療行為の総称のことをいいます。

​また、医療行為と同時に必要な介護サービスと連携し、生活支援を行います。そのひとらしく生きるお手伝いをします。住み慣れた自宅で安心してすごせるようにチームで支えます。

24時間体制で応援します。

​在宅医療の特徴

​1.​年齢や病気を問わずに対応します

​脳血管疾患や神経難病、がん、認知症などにより通院が困難な方が対象に、在宅医療を行います。

2.緩和ケアに対応しています

「住み慣れた場所で自分らしく最期まで暮らしたい」と願うを支えるのが緩和ケアです。緩和ケアは、痛みを医療用麻薬などで取り除くだけでなく、その人らしさを尊重するケアのすべてをさします。緩和ケアはがんでない人にも必要な考え方です。

​ 人生の最後まで患者様やご家族様のそれぞれの人生に向きあい

、医療を行います

​3.ネットワーク型の在宅医療を実践します

外部の訪問看護ステーションや介護支援専門員(ケアマネジャー)さんなど、地域の各種サービスと密に連携し皆さまのご自宅での暮らしを支えます。